スマート農業(アグテック:Agtech)

アメリカのスマート農業(アグテック:Agtech)視察

技術革新により農業生産率の上がっていたアメリカですが、いわゆる”スマート農業”は2014年ごろから急激に伸びました。

日本でいう「スマート農業」は、アメリカでは「アグテック(Agtech)」と呼んでおります。
つまり、”農業 (Agriculture)”と”技術(Technology)”を足した略語です。

気象情報などのビッグデータ、ドローンによる穀物の発達、その他の情報管理、ロボット化(機械)、そして多くの場面でのAI利用と進化しております。

農業視察は「サウスコーストクリエイティブサービス」にお任せください。

  • 農場、農業関連施設とのアポイントメントを取ります
  • 農政関連、大学など、機関や担当者とのアポイントメントを取ります
  • 農業関連に精通した専門ガイドをアサインします
  • 長年、日本の協同組合、農政関係者の皆さまのお世話をさせていただいております

カリフォルニアにおける最近の動き2022

サリナス(カリフォルニア州)

 

agtech001

 

農業業界では有名なカリフォルニア州のサリナス

既にビッグデータ利用や最新の技術導入が行われており、スマート農業を目にすることができるエリアです。

シリコンバレーから近いこともあり、実証実験も盛んに行われております。

 

askSCCS

カリフォルニア州立大学デービス校

 

agtech002

 

2022年の秋よりアグテック学科(Agricultural and Environmental Technology)がスタートします。

デービス校は農業関連、品種のDNA分析、生物学など、さまざまな研究活動が行われていることで有名です。

*専門のガイド、通訳が対応可能です。

 

askSCCS